只今、帰還せり…

2015年10月31日(土)



昨日、一昨日と会社休んで
胃カメラ&大腸カメラの検査に
行って来た。

1日目の胃カメラは
何回かやった事あるけん
ゲホゲホ言いながらも割とスムーズに
出来ました。

先生曰く
「昔の潰瘍の後が多少あるものの
今のところは大丈夫でしょう」

…セーフ。


問題は
2日目の大腸カメラ。
何しろやった事無いもんね。

一昨日に引き続き
朝から病院に行って
受付を済ませ待っていると
担当の看護師さんがやって来て
「これから1時間かけてこれを飲め」と言う。

下剤。
これを1ℓも飲む…全部飲む。
そして腸内を全てキレイにする。

見た目は水っぽいけど…
やっぱ下剤は下剤 (ー ー;)







いざ、飲んで見る…

……

わ~、塩っぺ~~!
ゲロマズじゃ~!

だが男たるもの
是が非でも飲まねばならぬ。

検査申し込んだの
他ならぬ俺じゃし…

1回目
ゴクッ、ゴクッ…。

10分経過。

2回目
ゴクッ、ゴクッ…。

また10分経過。

3回目
ゴクッ、ゴ……ん?

…ちょっとトイレ(^^;;

フ~~…と言う間も無く
ここからは待合室とトイレの
往復オンパレード。

トイレに行く事、計6回。
何とか腸内洗浄が無事完了。

最後に看護師さんが
トイレまで来てウォシュレットの中を
目視確認。

「ココ助さん、
大変良く出来ましたよ~~ *\(^o^)/*」

…と満面の笑み。

キャッ!
50おっさんが、恥ずかしい!
(俺は子供か…)


それから30分。

虚脱状態でグダ~と待っていると
看護師さんの呼ぶ声。

いよいよ検査室に入る。
腸内にもはもう何も無いど。


一昨日とは別の先生。

下半身だけ
特別なパンツに履き替え。


「安心して下さい、履いてますよ(^^)」

…などと言ってる余裕も無く
ベッドの上で横になり検査開始。

ファイバースコープ挿入。

おぉ、これがまた
痛いの何の~!


先生はモニター見ながら

「大丈夫ね。
じゃここからズンッと入って行きますよ~。
クックックッ…」

ズンッって…
先生、ドS確定です。

「モニター見えてますかぁ?
ここが憩室ね。あぁ、あるある。
でも、誰でもある物だから大丈夫。
じゃ小腸の手前まて来たから、写真撮りながらスコープを抜いて行くからね~。
クックックッ」

うぅ、下腹が腫れる~~!
この痛み、一生忘れんぞ~~!


「はい、終わりましたよ~
   お疲れ様でした~~」

所要時間、約20分。
ドSの割には
爽やか極まりない先生。

結果は
大腸の方もポリープや悪性新生物の
兆候も無く、無事終了。


フ~、やっと終わった。
自分にお疲れ様でした~。

でもさ
テレビ見てると
多くの芸能人の人が
若くして亡くなったり
年1でちゃんとガン検診しとっても
見つからなかったり。

前にも書いたが
50才過ぎたら年に一度の
ガン検診は必須。

今回、俺がやった
胃カメラ&大腸カメラ検査は
ガン検診よりも更に詳しく検査する為。


幸い何も無くて
やれやれじゃったけど
これからも年1でやって行こうと思いますわ。


下剤の苦しみと
ドS先生の「クックックッ」だけは
勘弁して欲しいけどのぅ…(^^;;





スポンサーサイト
俺の内臓系が意外に大丈夫だった件。 | Home | 今夜9時から…(ー ー;)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する