そして、こうべ…でし。

2014年06日14日(土)





きょう、ぼくはこうべにいってきまし。

ぼくのおとうさんがつとめているかいしゃの
いあんりょこうに、いっしょにつれていってもらったのでし。



まずさいしょにいったのは
「こうべししんりんしょくぶつえん」でし。









おとうさんは
「しゅうろうけいぞくしえんえーがたぎじょうしょ あじさいのわ」
といういころでぱそこんのしごとをしていまし。


くしくも、しんりんしょくぶつえんではいま
あじさいのはながみごろなのでし。









あじさいのはなのいろは
つちのなかにある「あるみにうむ」の
きゅうしゅうどあいによるとのことでし。


でもなんのことだかちんぷんかんぷんなぼくは
そろそろおひるごはんをたべたくなったので
つぎのもくてきち「こうべぽーとぴあほてる」にむかいまし。


ろっこうざんをぬけると
だんだんと、こうべのまちがみえてきまし。


「こうべぽーとぴあほてる」は
ぽーとあいらんど(じんこうとう)から
すぐのところにありまし。










29かいのちゅうごくれすとらん「しゅうけいえん」で
ほんかくやむちゃをまんきつし、ふとまどのそとをながめると
こうべくうこうのかんせいとうがはるかとうくに・・・でし。








 
めしをくったら・・・
もとい、ごはんをたべたらつぎは・・・ふね・・・っしね。



にほんがほこる、みゅーじっくぐるめせん
「こんちぇると」。



みなとのけしきがここちよい
「こうべぽーとたわー」や…
(にじゅうねんまえ、かのじょときたじょ…わらい)














かんさいくっしのふくごうしょうぎょうしせつ
「もざいく」をよこめにみながらせんじょうへ。













ふねにのるときは
くるーのおにいさんたちが「じゅうにんたいせい」で
くるまいすをもちあげてくれまし。













これも「えいぎょうどりょく」だとはいえ
かんしゃかんしゃ…でし!






「ぽーとあいらんど」~「あかしかいきょう」いっしゅうの
いちじかんはんにわたるほんかくくるーずつあー。


このじきのおすすめは
「とくせいまんごーぷりん&あんどりゅーえっぐたると」












う~ん…まぁおいしかったんだとおもうんだけど
ぼくはいえでまいばんのんでる「まほうのおみず」のほうが
いいきがしまし。



げせんするときに
「こんちぇると」からもらったじょうせんわりびきけん。
いつのころになるかわからないけど…ま、とっておくか・・・でし。









かえりのこうそくの
「みきさーびすえりあ」というところでかった
おみやげはこちら。









「こーべあー」 …っていわれても・・・でし。
ま、いちおうかったけど。





というわけで
こんかいのこうべひがえりりょこうは
これでおしまい。


おとうさんはもう
ばすのなかでいびきをかいてねていまし。

ぼくも
いろいろとがんばりましたでし。




あしたは「さっかーわーるどかっぷ」の
しょせん・・・

さすがにつかれたのでねまし。



おつかれさまでし。









スポンサーサイト
    カリフォルニアの気分じゃの。 | Home |    当たったのよ、オホホ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する