林さんちのお店。

2012年06月3日(日)





日曜日だってのに
お客さんが朝から全然来ないが。


「グルリと一回りしながら
 倉敷商店街界隈の様子を見て来てみぃ!」

「アイアイサ~!」




オーナーより
特命の密使を仰せつかった俺。

「ごいか一号」に
飛び乗って、一路商店街に。




だけどね。。。


折角の日曜日だってのに
人が出てないのよねぇ、ホント。



駅前からえびす通りまで
歩いてみたけど、のんびりした
地元のお年寄りが大半。

2~3割は
シャッターが下りてる所もある。

ああ、どこか
悲しいような、切ないような…




でも、さすが倉敷!

美観地区に近づくに連れ
段々と人がでてきたでぇ。



そして美観地区の
最初に登場するのが
この「林源十郎商店」。










今年の3月にオープンした。
林源十郎商店。

その昔
貧しい人を助けながら
明治後期から大正、昭和期にかけて
地域の福祉と健康を陰から支えてきた林親子。



一新された店内には
地元ののモノづくりを生かした
生活雑貨メーカーやコーヒーショップ、
ピザ、ミュージアムカフェなど
8店舗を設置して大いに賑わっている。


…らしい(笑




店内を見下ろすと
観光客で一杯です。









ここもそう。






  



右側の入口に入ってみると
金製の看板が張ってあったよ。










結局、本館1F~3Fと
母屋、離れ、蔵まであって
昔と今をごっちゃ混ぜにした
雰囲気もあったわ。











商店街を巡回・報告するという
使命を担いつつも、忘れて
写メに没頭していた俺。




急いで帰ろうとすると
こんな標識が…









林源十郎さま、

歩行者専用道路まで作って頂いて
誠に有難うございます。


車に気を付けながら
買い物を続けますね~(笑




スポンサーサイト
     取り敢えず、石川県に行ってきた件。 | Home |      夜プラにもどうぞ…

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する