河原屋…さようなら。

2012年05月26日(土)






バー河原屋のマスターが亡くなって
2週間が経つ。



その河原屋も今日で最後。


マスターと共に過ごした23年間だったけど
遂に終止符を打つ日がやって来たんだ。




5月26日(土)の夜8時半。

いつもと同じように
看板が俺たちを迎えてくれる。










一つずつ
階段を昇って行くよ。



ゆっくりと
一歩ずつ一歩ずつ…






…これで最後なんだよな…










ドアを開けると
最後のバイトの子が
明るく迎えてくれた。



でも、マスターはもういない。











遺影に手を合わせる。


相変わらず
カッコええで、まさくん(笑





今日は最後の日だけあって
カウンターもボックス席も満杯。



マスターも
てんてこ舞いの大忙しじゃないの?(笑











モニターには
2年前の河原屋バンドの映像。




「生きてくれ」
「いくつになってもいいじゃないか」

は、いつ聞いても名曲ですぜ。
ねぇ、マスター?










トイレに行くと

「new河原屋バンド
  ただいま先行予約受付中」

のポスターがまだ張ってあった。



それも
今日で終わり。


あ~あ…
なんだか遣り切れないや…。











いろいろあったな。




東京から帰って来て
バーを始めるって聞いた時には
正直驚いた。



あれから23年。


バブル時代やらリーマンショックやら
俺たち、激動の世代を駆け抜けて行った訳だけど
結局どうだったんだろうね、まさくん?





最後のお酒を飲み干した後
回りを見回すと泣いている常連さんも。



みんなに挨拶をし、
店を後にする。




もう河原屋を
振り返る事は無いよ。




さようなら。












ありがとう、まさくん。

ありがとう、河原屋。




思い出の
いっぱい詰まった23年間。



俺たちは
決して忘れないけん…。



秀やんや山コと一緒にバンド組める日まで
まぁ、ちょこっと待っててな。


じゃ~ね~…ばいばい。




スポンサーサイト
     HIDEAWAY考…。 | Home |     赤と黒。

コメント

マスターにはあと4~50年、待っといてもらいましょう♪(^^)d

何のために、どういう思いで曲を作ったのか考えたら…っていうか、ちゃんと曲聴いてます?(^_^;)

2012/06/01 (Fri) 17:14 | 口内炎ハーピスト・ヲケタ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する