9月19日




9月19日
「苗字の日」

「15、16、17と
  私の人生 暗かった…」

と歌ってたのは
藤圭子。

宇多田ヒカルの
お母さんだ。

ジャガレ声の
苦み走った歌声で
観客を魅了していた。

17…とまではいかないが
台風15、16号がアベックで
日本上空を闊歩している。

下手したら
15号は明日には
日本に上陸するかも知れない。

おぉ、嫌だ嫌だ。

9月3日の
台風12号の二の舞に
ならなけれが良いけど。

今年は
台風の当たり年
なのかも知れないなぁ。

ゲリラ豪雨や
土砂ダム決壊で
被害も激しい。

台風が一日も早く
日本を抜けて温帯低気圧に
変わるのを祈ってます。

今朝
ネットを見ていて
今日、9月の第3月曜日は
敬老の日だと気づいた。

おじいさん、おばあさん。
敬老の日おめでとう。

これからも
長生きしてね。

だが
今日のブログタイトルは
「苗字の日」。

老人を敬愛しながら
先祖代々受け継がれて来た
苗字について語るのも
良いのかも知れない。

我輩はココ助である。

名前は「田中」である。

生まれた時から「田中」なので
日本の苗字でも第3位は
変わらないと思っていた。

しかしだ!

日本の、
しかも歴然たる苗字の
第3位「田中」が!

田中角栄をはじめ
名だたる苗字を輩出
してきた第3位「田中」が!

よりにもよって

「高橋」

に抜かれてしまおうとは!

第4位ですぞ!
第4位!

小学校の時

「鈴木、佐藤、田中。
  これが日本で一番
   多い苗字ベスト3です」

と先生に教わり
何となく誇りに思った。

鈴木や佐藤には
負けるけど、まぁいいや。

いまに追いついて
「田中」が№1に
なってやるけんね~…

そう思って
40数年頑張って来たのに。

それが
いつに間にか
逆転されてて
まさかまさかの第4位…

そりゃ友達でも
高橋はいっぱいいる。

大概の事は
大目にみよう。

だが
苗字第4位は
絶対に許されない。

何がどうあっても
第3位で無くてはならないのだ。

ちなみに今日現在
「高橋」姓は約141万。
「田中」姓は約133万。

8万の差…。

はてさて
どうしよう。

高橋 vs 田中。

仁義なき戦い。

今日も着々と
策を練っている所
今日この頃なのである。

1870(明治3)年
戸籍整理のため、太政官布告により
一般市民も苗字を持つことが
許されたのがこの日だった。

しかし
市民は苗字がなくても不自由しないので
苗字を名乗ろうとはせず
1875年2月13日(苗字制定記念日)に
すべての国民が姓(苗字)を
名乗ることが義務づけられた。

ちなみに
「田中」姓はその名の通り
稲やタンボ関係からついたものらしい。

俺だってたまには
百姓姓ばかりでなく
煌びやかな苗字も良いような気がする。

だが
綾小路きみまろ(お笑い)や
假屋崎省吾(オカマの華道家)など
訳の分からない苗字もあったりするので
そこが微妙なのだ。

今日の結論。

俺はやっぱりお百姓を愛する
「田中」姓でいいと思いました…。




スポンサーサイト
9月20日 | Home | 9月18日

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する