9月11日


 

9月11日
「公衆電話の日」

さっき
高速道路を使って
美作まで行って来た。

某友人の退院祝いの
お礼参りだ。

ヤ◯ザのお礼参りとは
訳が違うので
お間違えなく。

倉敷から
2時間弱。

もうちょっとで
兵庫県の境まで行くと
突如として神社が現れる。

朝から快晴。
雲一つないお天気。

遠くで
ツクツクボウシが
鳴いている。

最初から
上り坂の階段。

百段を三段階に分けて
ゆっくりと上って行く。

まだ病み上がりの
友人ご本人までが
階段上りを手伝ってくれた。

ホントに
すいません。

50メートルの階段を上り終えると
神社の境内に出た。

辺りは
誰もいない。

俺たちだけだ。

お清めの
お水が切れてたので
ミネラルウォーターで
済ませた。

水が少し
生温かかった。

みんな揃って
参拝。

2拝2拍手1礼。

「神様のお陰で
 無事退院する事が
 出来ました。

 本当に
 有り難うございました。」

お神酒も
差し上げてきた。

朝早くから
大変だったけど
良いお礼参りだったなぁ。

あぁ、面白かった(笑

「さて、帰ろうか」

と思ったら
メールが来ていた。

友達からだった。

携帯やメールって
なんかやたら多い。

昔は外回りの営業中に
10円玉握りしめて
30分毎に会社にしょっちゅう
電話してたもんだが。

てな訳で
今日は「公衆電話の日」。

1900(明治33)年
日本で初めての自動電話、
いわゆる公衆電話が
東京の新橋駅と上野駅構内に
設置された。
 
料金は5分間で15銭。
交換手を呼び出してから
お金を入れて相手につなぐものでだった。
 
当時は電話交換手も不慣れで
トラブルが絶えなかった。

携帯が普及し
今ではほとんど
見かけなくなった
公衆電話。

駅なんかで
時々見かけるだけだ。

時代の流れだから
しょうがない。

だが、
じいちゃんばあちゃん等
公衆電話が必要な人たちも
必ずでてくる。

俺達だって
携帯の電池切れで慌てて
公衆BOX 探す時だってあったんだから。

そう言う人が
1人でもいる限り
公衆電話は永遠に無くならないのだ。

と言う訳で
NTTさん、今後とも
公衆電話を宜しくお願い致します…のだ。




スポンサーサイト
9月12日 | Home | 9月10日

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する