8月12日




8月12日
「君が代記念日」

お盆のこの時期に
君が代斉唱…って
訳でも無いのだが。

今日、8月12日は
君が代記念日。

1893(明治26)年のこの日
文部省(文部科学省)告示
「小学校祝祭日大祭儀式規定」の
公布により、小学校の祝日・大祭日の
唱歌として「君が代」「一月一日」
「勅語奉答」など8曲が定められた。

俺達が
小学校の時から
教えられて育った
君が代。

明治時代より
国歌…というか
唱歌としても浸透して行った。

第一次世界大戦が
始まり、日本も参戦。

君が代は
戦争のプロパガンダとしての
意味もあるのかも知れないね。

いずれにせよ
君が代は、平安時代より
庶民の間で段々と形成されて
行ったと思われるぞ…たぶん。

所変わって
時代は昭和。

小学校の運動会。

開会式で
意味がよく判らないまま
君が代を元気よく歌っていた俺。

歌詞も判らず

「巌となりて」を
「岩音なりて」と歌ってた。

間違いに
気づいたのは
中学校になってから。

焦った (笑。

元々は
古今和歌集の歌とされるが
定かではないらしい。

天皇を
崇め奉る君が代。

でも君が代の「君」は
もともと家長や友人、
愛人の意味でもあったとされる。

全国の小・中学校で
式典が行われる度に
愛人の歌が流れるなんて…。

ま、俺的には
何だか面白くて
アリだと思うのだが…笑

サッカー、野球、
ボクシング etc…

1年を通じて
頻繁に行われるスポーツ。

試合の冒頭には
お互いのの栄誉を称えて
国歌が演奏される。

欧米の国歌に比べて
君が代はシンプルかつ質素だ。

それだけに
ずっしりとした重みがある。

君が代。

国歌が戦争の火種に
ならないように
気を付けてもらいたいぞ。


スポンサーサイト
8月13日 | Home | 8月11日

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する