7月12日




7月12日
「人間ドックの日」

「だいじょうぶ!
  人間ドックなんて
   死んでも行かないからね~」

…なんて言ってたから
こうなってしまった俺。

脳内出血で倒れ
未だリハビリの日々。

つくづく
悔やまれる。

人間ドックの大切さを
ひしひしと思い知らされるのだ。

それでも会社の
健康診断は毎年受診していた。

終わって一週間後に
結果を郵送してくる。

でも報告書は
毎年同じ事ばかり。

「血圧が高すぎます。
  135/85をキープしましょう」

…とか

「尿酸値が高すぎます。
  風が吹いても痛くない様にしましょう」

…とか

「γ-GTPが高すぎます。
  酒の飲みすぎに注意しましょう」

…とか。

ま、本当の事だから仕方ないけど
全部「高すぎ」な事ばっかりなのは
さすがに嫌になる。

しかし、毎日薬も飲んで
定期的に管理していたら
こんな事にはならなかったんだろうなぁ。

つくづく
情けない。

二度と同じ過ちを
繰り返さない様にしなくては。

1954(昭和29)年
国立東京第一病院
(現在の国立国際医療センター)で
人間ドックが始められた。

患者はデータを元に
医師の問診、診察を受け
生活習慣病の予防や治療
その他の健康問題について
助言、指導を受ける。

知り合いの
お医者さんに聞いたら

「タバコは厳禁。
  酒は0.5合まで」

と言ってた。

先生が居酒屋で
タバコ吸いつつ酒を飲みながら
教えてくれたんだから間違いはない。

他にも
異常が見つかりやすい項目は
肝機能障害、高コレステロール
肥満、腎・膀胱疾患、高中性脂肪など。

40歳を過ぎれば
何かしらの持病を
持ち合わせているのだ。

俺も含めて
みんな年を取っていく。

宿命だから
しょうがない。

だけど
そのまま年を取るだけなのは
あまりに情けない。

定期的に
人間ドックに入って
ストレスを発散し心の垢を落とす。

大病してからでは
遅いのだ。

俺も病気してから
人間ドックにはご無沙汰だ。

いっそ
「脳ドック」でもやってもらうと
気分が若返っていいかもしれないなぁ…。


スポンサーサイト
7月13日 | Home | 7月11日

コメント

「γ-GTPが高すぎます。
  酒の飲みすぎに注意しましょう」




…と言われ、彼女からもしょっちゅう『(>_<)飲み過ぎ!!』と叱られ、それでも言うことを聞かなかったから、こんなことになっちゃったんだよね~(-.-)y-~



ばかだね~┐(  ̄ー ̄)┌

2011/07/12 (Tue) 23:19 | ご無沙汰です! #- | URL | 編集
No title


…ノーコメントで。




2011/07/13 (Wed) 11:53 | ココ助 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する