7月11日




7月11日
「世界人口デー」

昔、高校の社会科の授業で

「今から5年後
   世界の人口が50億人を突破します。」

…と先生に聞かされた事があった。

50億と言われても
今いちピンと来ない。。

そもそも
岡山の人口だって
理解できて無いのだから始末が悪い。

「人口問題も良いけど
  早く弁当の時間にならんかの…」

…とか何とか云いながら
窓の外をぼんやりと眺めていた。

あれから30年…。

世界人口は
すでに68億人を突破している。

30年の間、
俺が社会に出て
セコセコ仕事している間に
人口は+18億を軽く越えてしまった。

一口に30年と言っても
長いぜよ。

世界中のあちらこちらでは
戦争もあった。

テロもあった。

スペースシャトル
打ち上げ失敗だってあった。

それでも世界人口は
着々と増加し続けていたのだ。

人類は
なんて素晴らしい
生き物なのだろうか。

何だかんだ言いながらも
せっせと赤ん坊を
生み続けてくれたのだ。

親愛なる
世の女性たちよ、ありがとう。

ただこのまま行くと
人口の減少に転じる説もある。

偉い学者さんの
言ってる話だから
ちょっと気にはなるよね。

でも赤ん坊が生まれて
スクスクと成長して行くのは
大いに結構な事であるな~、うん。

「世界人口デー」は
国連人口基金(UNFPA)が
1990(平成2)年に制定した。
 
1987(昭和62)年のこの日
地球の人口が50億人を超えたため
世界の人口問題への関心を
深めてもらうことを意図したもの。
 
国連はこの日
ユーゴスラビアで生まれた男の子を
50億人目と認定しているそうだ。

50億人目の
ユーゴの赤ちゃん、
お誕生日おめでとう!

もう24歳ぐらいに
なっている事だろうな。

てかさ、今日のこの時間にも
何万人もの赤ちゃんが
生まれて来てるね。

食糧危機など
切実な問題もあるけれど
取り敢えず無事に産んでおこうぜ。

人類、健康が一番だ。

そして問題があれば…

…あとから考えよう…。



スポンサーサイト
7月12日 | Home | 7月10日

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する