7月7日




7月7日
「七夕」

♪笹の葉さ~らさら
   のきばに揺れ~て♪

今日は七夕。

おり姫とひこ星が
1年に1回デートを許される日だ。

二人しっぽりと
肩寄せあってさ。

365日振りに
逢瀬の密会を楽しむのだ、へへへ。

いいなぁ~。
よう、ご両人~!!

…と思っていたら
今朝はまたもや
どりゃ降りの雨…。

梅雨に入って
かれこれ1ケ月。

九州地方では
梅雨明け宣言が出された地域も
あるというのにさぁ。

これじゃ
七夕もヘチマも
あった物じゃないわな。

子供の頃は
七夕の日になると
夕方からずぅ~~っと
天の川を眺めてた。

日が沈んでから
就寝するまでの間
夜空を見つめ続けてましたよ。

でもくっきりと
天の川が見える事は
まずなかった。

曇り空で
×だった事が殆ど。

あとは今日のような
雨の日だったりとか…。

そりゃあ、きれいな
夜空の七夕も過去何度かはあった。

でも、すでに中学校で
メガネかけてたりして
美人で名高いおり姫も
あんましよく見えなかったじょ。

50歳に手が届く
この年になっても
天の川は見えて来ない。

美星町あたりまで
ドライブすれば
見えるかもしれない。

あ~あ、もう少し
若ければよかった…。

七夕(たなばた)とは、
もともと旧暦7月7日に行う星祭り。

現在は新暦の7月7日や
月遅れの8月7日に
おこなう所がある。

わし座の牽牛星と
こと座の織女星が
旧暦の7月7日の夜(七夕)に
出会う伝説は中国で生まれたもの。
 
一般的に
織女星はベガとよばれ
牽牛星はアルタイルとよばれている。
 
もとの七夕物語は
中国のお話しだが
日本には、それよりも前に
棚機つ女(たなばたつめ)の
乙棚機(おとたなばた)の信仰があり
それが牽牛と織女の伝説と
習合したのだ。

今年もご多聞にもれず
雨の七夕。

夜までには雨も上がって
久し振りに天の川が
見られると良いんだけどなぁ…

ちなみに七夕の短冊に
願いを書き込んでおいた。

「毎年みんなで
  海に行けますように」

よし、
がんばろっ!





スポンサーサイト
7月8日 | Home | 7月6日

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する