7月2日




7月2日
「たわしの日」

この世に生を受けてから
およそ50年近く…。

ありとあらゆる
色んな事柄を見てきた。

日本オリンピックに始まり
万博や東京ディズニーランド開幕。

経済ではバブルが弾け
民主党が政権を取った。

浅間山荘事件や
アメリカの同時多発テロ。

世界中のいろんな地域で
様々な事件が起こった。

が、しか~し!

その事件は未だかつて
聞いた事がない。

前代未聞、奇妙奇天烈、
天網恢恢疎にして漏らさず!

こんな俺でも
小学校ぐらいは
卒業してるつもり。

だけど…
だけれどもさ…

「束子」とかいて
「たわし」と読むだなんて…

そく…こ…?
つか…し…?

今日、ブログ書き始めて
初めて知ったのだ。

みんなは
とっくに知っていたのか?

げに恐ろしや
束子の群れかな。

「みんな誰でも知っているけど
     俺だけは知らなかった…」

…なんてのは
一生の間に何遍かは
あったけれど、それでも
適当にこなしていたぞ?

今まで問題は
なかったはずだった。

それがこの不始末。
何と言う不祥事。

束子と書いて
たわしと読む。

一生忘れる事は
無いだろう…。

1915(大正4)年の7月2日
西尾商店(亀の子束子西尾商店)の
西尾正左衛門が「亀の子束子」の
特許を取得した。

妻がシュロでできた
玄関マットを切って
丸めて使っていた事が
ヒントになったといわれている。
 
現在はスリランカ産天然ヤシ製と
中国産ショロ製がある。

ネットみてたら
オーソドックスな
亀の子たわしから始まって
スポンジたわしやヘチマたわし、
金属たわしやアクリルたわしと
その種類は多岐に渡るそうだ。

関口宏の東京フレンドパークや
新婚さんいらっしゃいの
景品としても有名。

適当にズラズラ~と書いたけど
未だに「束子」の文字が
どうしても頭から離れない。

たわし…
タワシ…束子…

呆然と
立ちすくむこの俺に
明日の未来は来るのだろうか…。



スポンサーサイト
7月3日 | Home | 7月1日

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する