6月23日




6月23日
「踏切の日」

今でこそ
やれ大学のコンパだ
バイト先の飲み会だと
忙しく遊びまわっている
息子ども。

昔は日曜日になると
兄弟仲良く散歩させて
伯備線を走る電車を眺めてた。

「カーン カーン」

警報器が鳴る。

遮断機が下りる。

しばらくすると
特急やくもががやって来る。

やんややんやの
息子たち。

踏切の音が
やけに懐かしい。

俺達が子供の頃は
近所にあまり電車が
通ってなくて。

年に何回か
倉敷駅で電車利用する度に
目をまん丸くさせて眺めてた
思い出があるざんすっ。

そこへ行くと
都会では踏切が
日常茶飯事。

朝夕のラッシュ時には
踏切があくと同時に
どっと人が流れ込み。

都会では
踏切の重みも
俄然違うのだ。


毎月23日は
「ふ(2)み(3)きり」の
語呂合わせから踏切の日。

特に梅雨で
雨が多いために
事故が発生しやすい
6月は重要視されている。
 
踏切には
第1種から第4種があり
遮断機と警報機のついた
安全性の高い第1種甲が
原則になっている。

それでも最近の
鉄道関連の死亡事故は
そのほとんどが踏みきりで
起きているから恐ろしい。
 
また最近は
踏切付近に青い光りの
照明が増えてきた。

あの青い光りには
人の心を落ち着かせる効果があり
事故や踏切自殺防止に効果があると
言われている。

青い踏切なんて
田舎ではあんまり聞いた事ないけれど
自殺防止に効果があるなんて言われれば
信じるしか無いよなぁ。

死亡事故のほとんどが
踏切で起きているだなんて
そら恐ろしい気がする。

踏切、警報、遮断機…。

飛び込み自殺を防ぐためにも
ルール順守でお願いします。


スポンサーサイト
6月24日 | Home | 6月22日

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する