6月18日




6月18日
「海外移住の日」

1885(明治18)年1月28日
移民条約によるハワイへの
移民第一号の船が横浜港を
出航した。

海外移住の第一号だ。

それから
約20年後…。

本格的な
海外移住は
ブラジルから始まった。

明治の事だから
ブラジルまで何十日も
かかったのだろうな。

日本を出港する。

家族との別れ。

もう後には
引けない。

これからは
死ぬまでブラジル。

朝起きて仕事して
眠りに就く。

結婚し、子供を作り
孫が出来てやがて
永久の眠りにつく。

すべて
ブラジルで生きて
行かねばならぬ。

憧れと不安が
錯綜する。

まぁよくも
船で海を渡ったものだ。

俺なんか
とてもじゃないが
明らかに無理です。

第一、海を渡ったとしても
淡路島で泣く泣く引き返すのがオチだ。

明治の人は
とても偉いのだ。

1908(明治41)年
ブラジル第1回移民として
158家族781人が笠戸丸で
ブラジルのサントス港に
到着したのがこの日。
 
それを記念日として
総理府(内閣府)が
1966(昭和41)年に制定。

国際協力事業団移住事業部が
実施を開始した。

いつかリタイヤしたら
海外移住でも行ってみたいけど。
船は先程言ったように無理だ。

かと言って
飛行機は恐ろしいしなぁ…。

ここはブラジル移住のふりをして
鷲羽山ハイランドのリオのカーニバルで
お茶を濁すとするかなぁ…。




スポンサーサイト
6月19日 | Home | 6月17日

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する