5月14日


110514_convert_20110516001742.jpg



5月14日
「温度計の日」

小学生の頃には
理科の教室なんかに
おいてあったけどなぁ。

なかなか見る事
ないよね。

温度計ねぇ…

カゼで熱が出た時なんかは
体温計で熱計る。

みんなも
家の救急箱に
入ってるはず。

体温を測るだけあって
34度から43度位の間で
計るようになってる。

合計で±10度前後か。

みんなも
体温36・5度を保って
健康に気を付けるようにね。

でも
温度計は違うぞ。

-20度から+50度まで
合計70度ぐらいは計れるのだ。

体温±10度と気温±70度では
大きな差だ。

地球規模の
温度計は偉大なのだ。

アラスカの極地から
灼熱の砂漠までも
これ1台で計測出来ちゃうもんね。

理科室の
片隅においてある温度計にも
こんな秘密が隠されて
いようとは…フッフッフ。

1686(貞享3)年のこの日
華氏温度目盛り(°F)を定めた
ドイツの物理学者ファーレンハイトが
誕生した。

華氏温度は
アメリカなどで使われている。

ちなみに華氏温度(°F)を
摂氏温度(℃)に換算する公式は

C=5(F-32)÷9です。

…といっても
チンプンカンプン。

でも、関係ないのだ。

セッシだろうがカシだろうが
いつでも夏は暑いし冬は寒いのだ。

今年もそうやって
日本の夏がそろそろ
やって来るのだろうな~…。


スポンサーサイト
5月15日 | Home | 5月13日

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する