5月7日


110507_convert_20110516005738.jpg



5月7日
「博士の日」

昨日の
「ゴム」か「ガム」か
…ではないんだけども。

「ハカセ」なのか
「ハクシ」なのか
微妙なところで迷っている。

俺は8:2で「ハカセ」に
軍配が上がっていると
思うんだけどね。

でも
学位として正しいのは
「ハクシ」らしいしなぁ。

そういや
葉加瀬(ハカセ) 太郎っていう
ミュージジャンもいるぞ。

あぁ
2日続いて頭の痛い
「今日は何の日」なのだ。

1888(明治21)年のこの日
伊藤圭介(植物学者)、
菊池大麓(数学者)をはじめ
25人の学者に博士号が
授与された。

これが
日本初の博士の誕生。
 
当時は
論文の提出による博士号ではなく
教育への貢献を評価された
名誉博士的なものだったらしい。

戦前においては
原則として博士号授与機関は
帝国大学に限られ、その希少性から
「末は博士か大臣か」と詠われほど
市井において高く評価され、
学位の保持者に対しては
敬意が表されていたそうだよ。

学校なんか
全然出てない俺には
よく判らないが、
昔は

・法学博士
・医学博士
・工学博士
・文学博士
・理学博士

の5種類だったらしい。

明治20年の話。

それが今では
多くの学生が
200以上の博士号目指して
奮闘しているのだ。

それほど
よくお勉強している。

えらいえらい。

一日でも早く
博士号を取って
ついでにノーベル賞取って
明るい社会に貢献するよう
頑張って欲しいぞ。

浅草キッドの
水道橋博士の自虐ネタ漫才
見ながらそう思ったのだった。


スポンサーサイト
5月8日 | Home | 5月6日

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する