ブチ切れました。

2017年06月09日(金)



初めて知ったんじゃが
俺の部屋の蛍光灯は
「シーリングライト
プルスイッチタイプ」

と言うらしい。

普通の長細い蛍光灯じゃ無く
丸形タイプで紐が付いとる奴じゃ。

これこれ ↓↓↓







そのシーリングちゃんに
事件が起こった。

その日も
眠い目を擦りながら
朝5時半起床。

カーテンを開けて
窓越しに梅雨空の様子をチェック。

そのまま
トイレに行こうとすると
何かがココ助の足に触れた。

「おろ?これって…」







「ま、まさか…」

恐る恐る
天井を見上げると…









ゲゲッ!
紐が床の上に完全落下しとる!

昨夜は午後11時半頃
いつもの如く酩酊状態のまま
電気を消して床に就いたココ助。

消灯した時に
何かの拍子で紐が切れたのを
酔っ払いココ助が気づかなかったらしい。


さぁ、困った事になったど。

ココ助は身障者じゃから
椅子や脚立を持って来て
トントンと上に上がって
シーリングちゃんに紐を通す事など
出来る訳が無~い!

かと言って
今日の夜までに直さないと
また暗黒の闇が俺の部屋を襲う。

ココ助
2分程考えた末
いつもお世話になっとる
介護ヘルパー さんの
会社に電話。

事の詳細を説明し
俺が仕事から帰る
午後5時過ぎに合わせて来て貰った。

笑顔&屈強な
介護ヘルパーさん2名(男性)が
1.5mの脚立を持って到着。

瞬く間に
脚立上段に上がって
床に落下しとった紐を
新しいモノに交換して難なく装着完了。
作業は10分も掛からなんだな。

普段
介護ヘルパーの方々には
俺たち障害者の部屋の清掃や
入浴のお手伝い、洗濯物や買物代行など
何かとお世話になっとる。

じゃが
蛍光灯の切れた紐の交換まで
して貰えるとは…感謝。
m(_ _)m


作業が終わり
改めて新品の紐のスイッチを入れると
あら不思議!(…でも無いか…笑)

「シーリングライト
プルスイッチタイプ」が
燦然と光り輝いたのであったっ!









どうやら経年劣化で
紐が根元からブチ切れとったらしい。

「何かありましたら
いつでも言って下さい」


介護ヘルパーの方達は
笑顔で帰って行った。

ヘルパーさん
どうも有難うございました。

この御恩は
一生忘れませんでぇ。


そして
暗闇が訪れたココ助の部屋にも
仄かな明かりが煌々と光り輝いていた。






「ポチッ」は心の友です…
⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

スポンサーサイト
始めました。 | Home | 入りました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する