今後30年間… ?

2016年06月11日(土)




今朝テレビで、政府の地震調査委員会が
「今後30年間に震度6弱以上の揺れに
見舞われる最新予測地図」を公表しとった。







相変わらず
首都直下地震が懸念される関東南部や
東海−四国の南海トラフ沿いなどは
依然として高いのぅ。(-。-;

あらら、我が「晴れの国 岡山」にも
少しだけじゃが茶色が掛っとるど?

地震の後、津波が四国を迂回して
瀬戸内沿岸を襲うんじゃろか?

岡山に津波到来って
あまり聞いた事無いがのぅ…

「備えあれば憂いなし」とは言うけれど
晴れの国岡山で育った俺ら。

一体何をすりゃ
地震・津波対策になるんじゃろね?

地震が来たら
リュックサックに
食料その他をドッと詰めて
家の外に出て救助を待つん?

裸足で近所の山の上まで
駆け上がって津波が引くのを
ひたすら待つん?


こう見えて
ココ助は立派な身障者。
10m歩くのに人の倍掛かる。

リュックも片手でしか持てん。
近所の山頂目指すのに3日掛かる。

どうよ?
見直したかね、明智くん?(謎


と言う訳で
今後30年間に起こる
南海トラフ大地震発生を想像するより
今日8時間後の夕食をどうするかが
ココ助にとって最も重要な課題の一つ
なのでありました…





スポンサーサイト
今日は、イッツ 須磨イル~ (^^) | Home | 隠れちっくな居酒屋。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する