河原屋…さようなら。

2012年05月26日(土)






バー河原屋のマスターが亡くなって
2週間が経つ。



その河原屋も今日で最後。


マスターと共に過ごした23年間だったけど
遂に終止符を打つ日がやって来たんだ。




5月26日(土)の夜8時半。

いつもと同じように
看板が俺たちを迎えてくれる。










一つずつ
階段を昇って行くよ。



ゆっくりと
一歩ずつ一歩ずつ…






…これで最後なんだよな…










ドアを開けると
最後のバイトの子が
明るく迎えてくれた。



でも、マスターはもういない。











遺影に手を合わせる。


相変わらず
カッコええで、まさくん(笑





今日は最後の日だけあって
カウンターもボックス席も満杯。



マスターも
てんてこ舞いの大忙しじゃないの?(笑











モニターには
2年前の河原屋バンドの映像。




「生きてくれ」
「いくつになってもいいじゃないか」

は、いつ聞いても名曲ですぜ。
ねぇ、マスター?










トイレに行くと

「new河原屋バンド
  ただいま先行予約受付中」

のポスターがまだ張ってあった。



それも
今日で終わり。


あ~あ…
なんだか遣り切れないや…。











いろいろあったな。




東京から帰って来て
バーを始めるって聞いた時には
正直驚いた。



あれから23年。


バブル時代やらリーマンショックやら
俺たち、激動の世代を駆け抜けて行った訳だけど
結局どうだったんだろうね、まさくん?





最後のお酒を飲み干した後
回りを見回すと泣いている常連さんも。



みんなに挨拶をし、
店を後にする。




もう河原屋を
振り返る事は無いよ。




さようなら。












ありがとう、まさくん。

ありがとう、河原屋。




思い出の
いっぱい詰まった23年間。



俺たちは
決して忘れないけん…。



秀やんや山コと一緒にバンド組める日まで
まぁ、ちょこっと待っててな。


じゃ~ね~…ばいばい。




スポンサーサイト

    赤と黒。

2012年05月24日(木)





…といっても
作家スタンダールだったか
韓国ドラマだったか定かではないが
取り敢えず「赤と黒」は魔性の色合いらしい。


おなじみ
眼科のH先生。

昨日は山口まで行っての大漁だった。



仕事の後
倉敷を午前12時に出発。

岩国から船に乗って
明け方からは一日釣り三昧だそうで。



こちらは赤メバル。



襍、繝。繝舌Ν_convert_20120524235120




次の日に奥様のユーミンさまが
持って来てくれたのさ。


…海の恵みに感謝。








で、こちらは黒の方。




鮟偵Γ繝舌Ν_convert_20120524235218



こちらは
1.5倍ぐらい大きい。


スーパー行っても
何せ高いぜ~。


ワイルドだぜ~!





てな訳で
有難うございました。

赤だろうが黒だろうが
誠に美味しい。



両方とも
美味しく頂きました。



次は錦帯橋でも一緒に
渡ってみようかしらん…。









    コーヒー…あ、アイスでね。

2012年05月23日(水)






今日も朝から暑かった。


午前中は病院にいたが
ムシムシして嫌な暑さでさ~(泣




で、午後から喫茶に帰ると
入口には「アイスコーヒー」のポスター。


ゴールデンウイーク前から
ボチボチとオーダーも
入り初めては入たんだけどさ。










あ~、生き返りますな~。



これから9月一杯は
アイスコーヒーの季節なのだよ、チミ~。


みんなジャンジャン
レイコ―頼まれ~よ~。





ていうか、
俺はホットで貫きますけどもが…







    すいんきょちっくな出来事。

2012年05月20日(日)






昔から有名な
「すいんきょ」のお祭り。



今年も
五月の第三日曜日に
神輿を担いでやって来たのだ。














「すいんきょ」の語源はよく判らない。


判らないけど
要は秋田のナマハゲみたいなもので
爺さん婆さんが行った無病息災みたいな
もんではなかろうか?
(ホントは何となく知っていますが)














30分休憩した後に
またもや「すいんきょ」踊りを
始めながら揚々と去っていった若者たち。















…それでも
観光客でお金落として
くれればいいんだけどね~。



頑張れ頑張れ、すいんきょ~!
負けるな負けるな、すいんきょ~!








     かに食べに行こう。

2012年05月19日(土)




元KCT(倉敷ケーブルテレビ)、
今は新潟のケーブルテレビで
新たな番組目指して頑張ってる清水氏。

今夜の河原屋バンド解散式に気遣ってか
新潟の蟹(カニ)を届けてくれた。










全部で○万円もするだろうに
本当に有難うございました。


ホンに
美味かったガニ(笑





      katamiwake …

2012年05月17日(木)






まさくんの葬儀が終わって
4日経つ。



実感が湧かないけど
仕方ないのかしらん…



今日は、まさくんの奥さんから
形見分けの依頼があって
河原屋に行って来た。



店に入ると
カウンターの隅には何十年も使ってた
歌詞を綴ったスケッチブック。

「夢去りし横浜ハーバーナイト」を始め
懐かしい曲がズラ~と並んでる。

お~、ワイルドだぜ~?



それから
第1回オヤジバンドコンテストで準優勝、
第4回では晴れて優勝した時の表彰状。


表彰台では涙ぐみ
アンコールで「生きてくれ」を
歌ったまさくん。

同じバンドメンバーながら
まさくんと一緒にあの曲を
演奏できないんかと思うと…辛い。




他にも
衣装やらギターやらぎょうさんあったが
俺が形見分けとして貰った物、

それは「帽子」。


何個か貰ったが
これが一番かな~(笑















当分の間
ライブがある時には
この帽子にするもんね。


まさくんも
帽子ぐらいじゃけん
怒られないじゃろうな~?(笑



なんて
まさくんの事で思いを巡らせてると
何だか涙が出てきて止まんなくなる。

今日の所は
終了でおます。




ばいなら~…







         Sayonara …

2012年05月12日(土)




まさくんは
俺が17歳の頃からのバンド仲間。

5つ年上でさ、
よくジュリーのマネして歌ってた所を
俺達がスカウトしたんよね。



で、俺が高校卒業した時には

「みんなで一緒に東京出てきて
  プロ目指して頑張るぞ~!」

…なんて意気捲いてさ(笑



みんなでアルバイト掛け持ちしながら
夢を語り合ってたな~。


その後、まさくんは東京進出を諦め
倉敷に帰って20代後半でBarを始めて
53歳のこの歳まで頑張ってたんで。

「Bar河原屋」のマスターとして
23年間もさ…。


俺も就職して仕事が忙しく、何年も会えない時があったが
40歳を境にまたまた合流し「河原屋バンド」として
バンド優勝もしたよ…懐かしい思い出。




ふ~、ちょっと早すぎやしませんかね
まさくん…


俺も脳内出血で倒れた口だから
偉そうな事は言えないが
ガンで天国に旅立つのは余りにも早急だわさ~。


あと10年後に

「ほな、ボチボチいきまひょか~」

って言うなら判らないでもないが…(笑




明日は
まさくんの葬儀。


バンド関係者はみんな来る。



まさくん、ありがとうな。


良き兄貴として、良きバンド仲間として、
良きボーカリストとして、
本当に有難うございました。




俺は病気がちじゃけん
天国に行くのもそう遠い事では無いと思う。

でもまだ4~5年は掛かる気もするから
ちょっとだけ待っててや。


天国に行ったら
みんなで酒飲みながら
「ステージダンサー」でも歌おうや。




では明日、
ご葬儀会場で会いましょう。













   お見舞い。

2012年05月05日(土) こどもの日






先月末から入院している
あ・ぱっち君。


奇しくも
河原屋マスターに程近い病室で
大手術を敢行したのだ。



お見舞いに訪れた際
温厚なブルースマンの彼の為に
色紙に書を書いて送っておいた。

 
つたない文字で申し訳ないが
とにかく頑張ってほしい。









また元の大きな声を張り上げて
珠玉の生ブルース聞かせてや…。