4月30日




4月30日
「図書館記念日」

…と言う訳で
4月も今日で終わり。

明日からは
もう5月じゃな。

皆さんは
連休いかがお過ごしですか?

4月最後の休日。

何もなければ
図書館にでも行って
見るのもいいかもしんない。

昨日も車で通ったら
図書館いっぱいだったよ。

昔の倉敷市役所は
笹沖(西中新田?)に移転。

それから後は
20年以上も前から
倉敷図書館として
機能している。

前にも云ったが
図書館には
何度か通った事があって。

借りた本を忘れて
慌ててギリギリセーフ
だった事も。

いや、
ギリギリアウトだったか? (笑

ま、今となっては
懐かしい思い出。

1950(昭和25)年のこの日に
図書館法が公布された事にちなんで
日本図書館協会が制定。

1972(昭和47)年より
実施している。

この日に続く5月を
「図書館振興の月」として
各地の図書館でさまざまな
催しが行われているそうだ。

ゴールデンウイークで
暇を持て余すお父さん。

今日なんか
ちょっと図書館で
本をめくるのも悪くないけど
返すの忘れてギリギリアウトに
ならない様に…。

スポンサーサイト

4月29日




4月29日
「昭和の日」

今日は
ホントにいいお天気♪

少し風はあるけど
それがまた心地よい。

生まれてから
40数年。
(もう50歳近し…笑)

いつもこの時期になると
ウキウキしてしまう。

It's ゴールデンウイーク!

会社によっては
大型10連休ってとこも
あるみたいで。

まぁいいご時世だと思っていたが
「仕事がなくて休まざるを得ない」って
話を聞いた時には、世の中の不景気さを
思い知らされた。

俺なんか以前は
仕事の時が多かった。

たまに3連休を貰った時には
ウキウキソワソワして
何も手につかずに
3日間が過ぎてしまったものだ。

それでも
毎年ゴールデンウイークは
やって来る。

「昭和の日」は
1989(昭和64)年1月7日に
崩御した昭和天皇の誕生日。

子供の頃には
「天皇誕生日」として
祝った思い出がある。

昭和天皇崩御後
生物学者であり自然を愛した
昭和天皇をしのぶ日として
「みどりの日」となったが
2007年よりこの日は
「昭和の日」と改められた。

それは

「激動の日々を経て、復興を遂げた
昭和の時代を顧み、国の将来に思いを致す」

と言う意味合いから。

それと同時に、
「みどりの日」はいままで
「国民の休日」であった
5月4日に移動された。

昭和の日…。

あと2,3年もしたら
俺の人生も平成の方が
追いついてしまうな…。

嬉しいけれど
悲しいような。

あぁ、複雑な
昭和の日。

世間は今日から
ゴールデンウイーク突入…。



4月28日




4月28日
「象の日」

今日も
象形文字を綴りながら
ブログを書いている。

「日」とか「太陽」とか
物の形をかたどって
描かれた。

それが「ぞう」の形をした文字だなんて
今更ながらユーモラスで洒落てるなぁ。

古くより象は
それほど人間と
密接な関連があるのだ。

ゾウ(象)とは
哺乳綱ゾウ目(長鼻目)に
属する動物の総称。

陸生哺乳類では
最大の大きさを誇る。

「ぞ~うさん
  ぞ~うさん
 
 お~はなが長いのね
  あのね 母さんも
    な~がいのよ~」

長い鼻、大きな耳が特徴。

子供を
動物園に連れて行くと
やっぱ一番の人気者は
象さんだよね。

昔は戦争に駆り出され
「戦象」と呼ばれていた
時代もあったのだそう。

その象は
1729(享保14)年
ベトナムからの献上品として
清の商人により初めて
日本にやって来た。

最初に
中御門天皇の御前で披露され
その後江戸に運ばれると
5月27日に将軍徳川吉宗に
送られたそうですよん。

アフリカゾウもインドゾウも
古くから象牙の乱獲などが
一向に後を絶たない。

使役や宗教の信仰として、
また動物園のマスコットとして
いつまでも活躍して
貰いたいのだゾ~。


   

4月27日




4月27日
「婦人警官の日」

いまや「婦警」では無い。

10年も前から、
いや更に云うなら
男女雇用機会均等法が
施行される11年も前から
「女性警察官」なのだ。

警察も
妙な事を云うものだ。

「婦警」さんでも
「ミニパトのおねぇさん」でも
「メスポリ」さんでも
何でも良いと思うのだが。

武骨な男性警官と違って
女性警官は清楚で宜しい。

なんだか
「花」があるにゃ~。

警察の道場で
「チェスト~~ウ!」
とか言いながら武道の
修練に励む男性警官。

当然頑張ってもらわないと
困るのだけれど。

ただ俺と致しましては
やっぱ女性警官がいいぜよ~。

1946(昭和21)年のこの日
GHQの指示により、東京警視庁に
日本で初めて婦人警官62名が
採用された。

当時はほとんどが事務職でしたが
現在では女性白バイ隊など
幅広い職種で働いている。

この辺でも
パトカーで駐車禁止を
取り締まってる
若い女性警察官を見たな。

婦警さん、
今日も一日
ご苦労さんです。

願わくば
もうちょっと
交通違反キップを
まけて貰えると
有りがたいのでございまする…。

4月26日




4月26日
「よいふろの日」

♪あなたは~ 
  もう~ 忘れたかしら~♪ 

あぁ、
なつかしの銭湯。

パッと振り向く
女の湯けむり姿。

なんか
やっぱ色気が
あって良いなあ。

てか、もう昔の事なので
よく覚えてないけど。

子供の時には
団地にすんでて
家にはもう風呂があった。

オヤジと一緒に
風呂に入る。

石鹸でゴシゴシと洗ったら
ザブンと頭までつかる。

芯まで温もって
バスタオルで一丁あがり。

いや、昔の事だから
手ぬぐいだったか?

とにかく
風呂からあがった後の
ジュースの旨かった事。

今でも忘れられない
懐かしい思い出。

4月26日の語源は
「4(よい)2(ふ)6(ろ)」の
語呂合わせが最初。

日本のお風呂は
元々むし風呂が主流だった。

しかし江戸時代以後に
浴槽を設けたものが現れ
むし風呂は次第にすたれて
いったのだ。

良い風呂の日は
親子でお風呂に入って
親子の対話を深めたり、
家族同士ふれあいを促す
事を目的にしています。

う~む、
40年前の
俺と一緒だにゃ~。
(ニンマリ)

ど~れ、ひさしぶりに
親子で風呂にでも…
と思ったら成人していた。

ちょっと前まで
幼稚園だったのに、ちぇ。

だが孫までには
5年以上掛かる。

「ここが我慢のしどころ」
…と思って待つしか
ないのだろうけれど…。


4月25日




4月25日
「国連記念日」

昔、「サンダーバード」っていう
外国の人形活劇があって。

日本でも
随分前にテレビでやってた。

40年ぐらい前か。

人形ながらも、あくせく
頑張って戦うその姿に
胸を躍らせながら
いつもみていたものです。

その名が

「国際救助隊」

…じゃなかったかな?

もっとも
「国際救助隊」と「国際連合」が
どうゆう関係にあるのか
定かではないのだけれど
どうなんだろう?

ちなみに俺は
サンダーバード2号が
一番好きでした。 (笑


1945(昭和20)年のこの日
サンフランシスコ会議が開催され
国連憲章が作成された。

国連には
国連児童基金(UNICEF)や
国連教育科学文化機関(UNESCO)など
国際的なさまざまな機関があり
多種多様なボランティア活動が
活発に行われている。

だが今も世界中の国々で
紛争が絶えない。

「世界平和が戻ったので
 国際救助隊は解散となりました」

子供が「チェ…」っと
ガッカリするような、
そんな世界になったら
いいのだけれど…


4月24日




4月24日
「日本ダービーの日」

なんだか
ウキウキソワソワ。

花見も終わって
次にゴールデンウイークは
どこに行こうかと
策略を練っている頃だが…。

毎年この頃になると
いてもたってもいられない。

天下の日本ダービー。

風薫る5月の時期に
催されるのだ。

といっても
皐月賞が先だけど…

「走れコータロー」でも
「ミドリのマキバオー」でも
ないけれど、何故か心踊らされる。

年に何回か
競馬は買う。

全然当たった事は無いけれど
それでも買う。

さすがに病気してたので
ここ何年かはご無沙汰だが
昔は20年以上毎年買ってた。

ダービーもその一つ。

毎年3歳馬の頂点に
立つ馬は誰なのか。

本当に
ワクワクしますね~!

1932(昭和11)年
目黒競馬場で第1回の
日本ダービー(東京優駿競争)が
開催された。

イギリスの
ダービーステークスにならって
企画された物で、当時の出走馬は
19頭、優勝したのは
1番人気のワカタカだった。

ダービーは元々
第12代ダービー卿が始めた
ロンドン郊外で開催される
サラブレッド3歳馬ナンバーワンを
決めるレースの事。

イギリス競馬界最高の行事だ。

日本を始め世界各国で
それに傚った「ダービー」という
名前を附けたレースが開催
されるようになったのだ。

今年も
初夏眩しい
この季節がやって来た。

今年は
どの馬にしようかな~。

新聞見ながら
ゆっくり考えると
しようか。

ダービーまで
あと1ヶ月切ったけど…。

 

4月23日




4月23日
「サン・ジョルディの日」

356日、毎日ブログを
やっていると
見た事も無い「人物」に
出会う事がある。

「サン・ジョルディ」って
・・・誰?

あなた、知ってる?

私は全然知りません。

駅前に出来た
パン屋さん?

ユニクロが
新しく立ち上げた
ファッションブランド?

私は皆目わかりません。

仕方無い。
調べてみるか。

「サン・ジョルディ」ってのは
聖人の事だってさ。

スペインの話だってんだから
キリスト教関連だろうな。

スペインのカタルーニャ地方に
伝わる守護聖人サン・ジョルディを
祭る日として、男性は女性に赤いバラを、
女性は男性に本を贈る習慣があります。

ひぇ~
全く知らんで!?

バレンタインデーで
チョコレート贈るぐらいしか
知らんかった・・・。

日本では
日本書店商業組合連合会が
1986(昭和61)年に制定し
書店くじを行うなど普及に
努めています。

あぁ、そうだったのか。

「サン・ジョルディの日」は
赤いバラと本を交換しながら
書店でくじを引く日だったのね。

ご苦労様。
やっと判った。

4月23日は
書店くじの日…

4月23日は
書店くじの日…

…で、
サン・ジョルディと
書店くじは
何らかの因果関係が
あるのだろうか・・・・。

4月22日




4月22日
「清掃デー」

子供の頃から
掃除はあんまり
好きな方じゃ無かった。

遊び呆けの
ほったらかしのまま。

遅くまで
近所の公園で
遊んでいたものだ。

だから
掃除なんて
滅多にやらなかった。

地域のボランティアの人が
月1で掃除してくれたのを
かすかに覚えているが
記憶にはない。

地元のお母さん方、
有難う・・・だな。

けれども
さすがに仕事だけは
まめにやっていた。

事務所でも
現場でも店舗でも。

プライベートでは
そこそこいい加減だったが。

律儀な俺、
有難う・・・(笑

1954(昭和29)年のこの日
それまでの「汚物掃除法」を改正して
清掃法が制定された。

その後
1970(昭和45)年に
清掃法を改定する形で

「廃棄物の処理および
清掃に関する法律(廃棄物処理法)」

が成立したんだと。

昭和40年代は
ヘドロやらオキシダント
注意報やら光化学スモッグやら
空気の汚れや汚染が深刻化
してきた時代。

つい先日も
福島原発で大事故が発生。

東京電力も
右往左往している。

日本の国民が
一日も早く現地の復興にあたり
清潔でクリーンな社会を
目指したいものだ。



4月21日




4月21日
「民放の日」

新・東京タワーばんざ~い!
…と思っていたのですが。

「東京スカイツリー」と
云うんだってさ。

もう半分以上
出来上がっているらしい。

もともと
「民放の地上デジタル化」が
みんなの夢だった訳で…。

いよいよ今年7月に
移行されるのだ。

いわゆる
「地デジ」。

もう3ヶ月を切った。

日本民間放送連盟(民放連)が
1968(昭和43)に
「放送広告の日」として
制定したものが
1993(平成5)年に
「民放の日」へと
改称されたんだそう。

1951(昭和26)年のこの日
日本では初めて民放16社の
放送の予備免許が与えられた事を
記念している。

あ~、あと3か月後には
デジタル時代の幕開けか~。

俺もそろそろ
テレビ買い代えないと
いけないのだが…。

まぁ
ネットで電気店の
駆け込みセールがあるかも
しれないので、もうちょっと
待ってみようかな…。