2月28日




2月28日
「バカヤローの日」

あった、あった
「バカヤロー解散」(笑 。

もちろん
テレビかなんかでの
古い話なんだけど。

その年の3月には
「やっぱ腹が立つ!」ってんで
衆議院を解散さしちゃったってん
だからカッコいい。

吉田茂。

確か、麻生太郎元首相の
お爺さんだね。

しかし今でも国会ってのは
物議を醸しだす。

委員会中に腹が立って
水ぶっかけたり、
カメラでファッションモデル
撮って回ったり。

ま、それはそれで
いいんだけども(笑

「バカヤロー解散」ってのは
さすがに見なくなったが、
たまには迫力ある国会中継も
見てみたいなぁ。

民主党VS自民党の
鬼気迫る戦い!

菅さ~ん、谷垣さ~ん、

どうか期待して
いますよ~!

スポンサーサイト

2月27日




2月27日
「新撰組の日」

新撰組。
よく読んだなよぁ。

だいたい高校生くらいに
なると「沖田総司」が、
それはもうカッコよくて。

「新撰組始末記」
子母澤寛 作。

高校生の時に
3回半ぐらい読んだじょ。

とくに池田屋事件の時などは
手に汗握る展開で、それはもう
ドキドキしましたよ、はい。

尊王攘夷派と
それを阻止する
江戸幕府との過酷なる
戦い…。

沖田総司は
病気で死んじゃったけど
なぜか飄々として憧れ
だったなぁ。

近藤さんや土方さんも
素敵だったけど
やっぱ沖田にはかなわない。

中学生の時
テレビで「新撰組」を
やっていたが
配役の沖田総司役が
草刈正雄だった。

あんまり
見なくなったけど
草刈さんにも頑張って
ほしいなぁ。

あなたは俺にとって
永遠の「沖田総司」
なのです。

うんうん。

2月26日




2月26日
「咸臨丸の日」

たかだか
100年前でも150年前でも
大して変わらない。

1860年、江戸幕府が
派遣した使節団。

はるばる太平洋を横断し
サンフランシスコまで
やって来た。

その名は
「咸臨丸」。

う~ん、
カッコいい響き!

「日米修好通商条約批准」
などと言うクソ重たい
政府の役目をひっさげた
本格的な洋式軍艦。

さぞかし緊張した
事だろうなぁ。

アメリカに向かう
咸臨丸の艦長の名は
勝海舟。

弟子の坂本竜馬と共に
海軍操練所も作っている。

坂本竜馬は、勝海舟に
負けず劣らずの人気ぶり。

NHKでも話題に
なったばかりだ。

ま、勝でも竜馬でも
どっちでも良いんだ。

大志を懐いて
歴史に大活躍するなんて
やっぱ憧れるのでございます。

はい。

2月25日




2月25日
「夕刊紙の日」

二十歳前後だったかな、
ひとりで東京に住んでた。

朝から晩まで
バイトに明け暮れてて。

生活費を稼ぐ為。
夢を実現する為。
そして、風●で遊ぶ為
(…それは無い無い…笑)

ひたすらアルバイトに
専念してたのだ。

えらいだろ、エヘン。

で、バイト行くのには
まずは電車だった。

朝、駅で満員電車に
ゆられてご出勤。

なんだかんだ言いながら
淡々と仕事をこなす。

で、仕事が終わって駅に
向かいながらま、ず買い
求めるのが「夕刊フジ」
なのである。

特に週末。

競馬がやってるんだもの。
そら見ますって!

他にも夕刊フジは
何から何まで揃ってる。

社会・経済・スポーツ・
芸能・エンターテイメントetc…

明日のストレス発散
にも抜群によいのだ。

駅の夕刊紙。
たまには読む価値あると
思うんだけどなぁ。

2月24日




2月24日
「月光仮面の日」

俺が生まれた時には
もうテレビが始まっていた。

懐かしの「月光仮面」。

なんせ
「国産テレビ映画
  ヒーローもの第一号」
なのだ。

物心つく頃には
何回も再放送がなされて
いる。

今でこそ生誕50年を過ぎ
「懐かしの
  テレビヒーロー大特集!」
とかでしか見た事ないけど
幼稚園の頃は目をランランにして
見ていたよ。

小学校の入学式には
「月光仮面アニメ版」の
勉強机を買って貰った思い出が
ある。

昭和30年代後半には
白黒テレビが台頭してきてさ。

世の中が好景気に沸き
狂乱物価の幕開け。

そして
「巨人、大鵬、卵焼」!

…知らんか(笑)

あっという間に時代は去り
世はまさに不景気。

懐かしの「月光仮面」も
「疾風のように現れて
 疾風のように去っていく」
んだよな~…・

2月23日




2月23日
「税理士の日」

税理士って納税のプロ
だと分かったのは大人に
なってから。

弁護士や司法書士、
会計士なんかは
その全貌がなんとなく
ではあるが子供ながらに
分かった。

でも「税理士」は
ぜんぜん知らなくてねぇ…。

中学生のころ
同級生に税理士の息子
がいた。

毎晩遅くまで
残業しているオヤジさんの
仕事ぶりを聞いてはいたが
税理が中心のお仕事なんて
チンプンカンプンだった。

就職して会社に税理士が
出入りするようになって
「そうゆうことか!」
と納得した。

とくに税金を納める時期になると
うちの社長と税理士の先生とで
コソコソと話しあっているのを
聞いてやっとわかったんだな~。

でもみんな「脱税」では
ないですよ~。

「節税」ですからね~!
そこんとこ勘違いしないように(笑

てな訳で今時期は
確定申告の季節。

今の内に
さっさと済ませるべし~!

2月22日




2月22日
「猫の日」

猫はとかく狭い所に
入りたがる生き物らしい。

いや、別に俺が
飼ってた訳じゃないんだ。

ただ物の本によると
猫ってのは昔から

●入りたがる
●占領する
●動いてくれない

動物だそうで。

犬と違って
猫は気まぐれ屋な
性分なのでそうかも
しれないが。

そういえば昔、田舎の
おじちゃん夫婦の所に
猫を飼っていたな。

小学生低学年で
穢れ無き純無垢の
僕ちんの事。

初めて見る猫が
それはもう可愛くて
可愛くてさ~。

夏休みが終わって
帰る時にワンワン
泣いた覚えがあるよ。

どっこい猫の方は
知らんぷりしてたけど(笑)

いつかどこかで
猫を飼う機会が
あった時には
テキパキと機敏に
動く様になってほしいなぁ。

じゃないと
グウタラでダラ~ンと
している飼い主の俺の方が
困ってしまうのだよ。

2月21日




2月21日
「日刊新聞創刊の日」

東京日日新聞が世界初の
新聞個別配達を実施した。

1872(明治5)年の事。

それから明治44年には
大阪毎日新聞と合併して
全国紙へと踏み出す事と
なったんだとさ。

おぉ、新聞か~。

それでも10年ほど前
までは毎日読んでいたよ。

もっともテレビ欄と
三面記事だったけど。

でも、家庭で根本的に
活字を変えてしまった
のは、なんといっても
「インターネット」だな。

一応テレビとかは
見てるんだけどさあ。

それこそニュースや
買い物、天気予報から
ゲームなど…

ありとあらゆる事柄が
インターネットで
事足りてしまうのだ。

一応新聞はあっても
ほとんど役立たずだよね、
…実際ね。

でも地元ローカル誌の
三面記事なら時々
読んでみたい気もするぞ。

俺が指名手配されてる
新聞記事なんかみると
「お!載ってるのってる!」
なんて大喜びなんかしたり
して…!?
 

2月20日




2月20日
「歌舞伎の日」

1607年(慶長12年)の今日
出雲の阿国が江戸城で
将軍徳川家康や諸国の
大名の前ではじめて
歌舞伎踊りを披露した。

出雲の阿国なんて
男か女かイマイチ
分からなかったが
紛れもなく「女」と
判明して良かったぞ。

そもそも歌舞伎は
女形に定評がある
お芝居だ。

でも歌舞伎役者は
あくまで男が基本。

そのガタガタの老人が
舞台ではキリリとした
格好で女形(おやま)に
変身するのだから
訳がわからないよな。

歌舞伎はあんまり
見た事ないんだけど
それでも「人間国宝」とかに
なると流石に痺れるでぇ。

今、ニュースで
市川海○蔵事件の
裁判をやっていた。。

夜の街をうろつくのも
結構だが、元暴走族に
殴られて逃げ帰る前に
一人の歌舞伎役者として
精進される事の方が
大切なんじゃないのかねぇ…。

2月19日




2月19日
「プロレスの日」

年末年始にかけて
「伊達直人」ブームが流行った。

ランドセルや鉛筆やらを
施設の恵まれない子供たちに
贈ってまわった。

中にはタイガーマスクの
衣装を着けて施設に現れる
ものまで出現したんだから
すごいよ。

北は北海道から
南は九州・沖縄まで
全国各地に伊達直人が出現し
プレゼントを配って歩く。

伊達君、
おつかれさん!

伊達君かタイガーマスクかは
この際関係ない。

虎の穴の極悪プロレスラー
でもちょちょいのちょいだ。

子供の頃は死ぬほど
「タイガーマスク」見ていた。

前にも云ったけど。

あのエンディングのテーマの
ストイックさが何とも言えないのよ。

「沁みる」…ってやつ?

ああ、伊達直人。
ああ、タイガーマスク。

年に1度でいいから
子供たちにプレゼント
わけてやって!

そして強く明るい
希望を持ってやって!

この際、菅直人は
どうでも良いので…。